助成金申請代行


公的助成金の申請は、公的助成金の申請代行を重点とする
「社会保険労務士法人大和総合労務事務所」 お任せを!

 当事務所は、公的助成金の申請代行を重点的にしている社会保険労務士事務所です。申請件数は、尾張地区内でもトップクラスの実績があります。
 
 助成金の相談を受けて、思うことは、「従業員を雇用している法人・個人事業主は、なんらかの助成金を受給できる可能性がある」 ということです。
 ところが、助成金を知らないため、多くの事業主は、助成金を申請をしていません。 また、知っていても、申請書類が多く、複雑なため、途中で申請を断念することも少なくありません。
 
 当事務所は、「成功手数料制」 にしているため、助成金が受給できないときは、費用はいっさい掛かりませんので、安心して、申請代行を委託できる社会保険労務士事務所です。

 無料相談もお受けしています.。お気軽にお問い合わせください。

 平成29年度 主な公的助成金のご案内



知って得する簡単助成金活用アンケート(診断無料) - 今すぐダウンロード

    
  • 人材開発支援助成金(キャリア形成支援制度導入コース)(旧:セルフ・キャリアドッグ制度 ) 60万円(47.5万円)

  • 職場定着支援助成金(雇用管理制度助成コース)              実施時: 10万円〜50万円  達成時: 72万円(57万円)

  • キャリアアップ助成金(正社員化コース)         36万円(28.5万円)〜最大1,080万円(855万円)

  • 高年齢者無期雇用転換コース
    60万円(48万円)〜最大600万円(480万円)


            (カッコ)内の数字は、生産性要件を満たせなかった場合の金額
  • 職場意識改善助成金(勤務間インターバルコース)
  • 特定求職者雇用開発助成金

助成金申請の例

1 人材開発支援助成金(キャリア形成支援制度導入コース)の場合

雇用保険に加入している正社員が、キャリアコンサルタントとジョブカードを使う面談制度を導入した 事業主。
   
 (国家資格取得者のキャリアコンサルタントによる実施、就業規則への定めが必要です。)
  弊所の提携キャリアコンサルタント: 
      畔柳貴子氏、 光地靖子氏、 日高清乃氏、 宮本明子氏、 森隆彦氏、 峰正美氏

  • 計画し、実施をした事業所
60万円 (47.5万円) (1企業1回のみ)

2 職場定着支援助成金(雇用管理制度助成コース)の場合

通常の労働者に対して、以下のいずれかの新たな制度を導入・実施を行った場合に制度導入時、離職率が達成された場合に、支給されます。

 制度導入助成   目標達成助成
イ. 評価・処遇制度  10万円 72万円

(生産性要件を満たせなかった場合57万円) 
ロ. 研修制度   10万円
ハ. 健康づくり制度   10万円
ニ. メンター制度   10万円
ホ.短時間正社員制度
  (保育事業主のみ) 
 10万円
  • 計画し、実施をした事業所
制度実施時: 10万円〜50万円  達成時: 72万円(57万円)

3 キャリアアップ助成金(正社員転換コース)

有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換し、有期契約労働者等のより安定度の高い雇用形態への転換等を通じた キャリアアップを目的としています。

  • 計画し、実施をした事業所
@有期→正規:1人当たり72万円(57万円)
A有期→無期:1人当たり36万円(28.5万円)
B無期→正規:1人当たり36万円(28.5万円)

4 高年齢者無期雇用転換の場合

対象従業員:50歳以上定年年齢未満の有期契約社員を対象
6ヶ月以上勤務する有期契約社員(パート、アルバイト等)を無期雇用社員に転換し、6ヶ月経過すると申請可能。

  • 計画し、実施をした事業所
1人あたり60万円(48万円) (1年度1事業所あたり最大年間600万円)
     

5 特定求職者雇用開発助成金の場合

(ハローワーク若しくは地方運輸局又は適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者若しくは無料船員職業紹介事業者の紹介により、新たに継続して雇用する労働者として雇い入れることが条件)

A社(中小企業)では、ハローワークの紹介により2名を採用した。

  • 63歳のBさん(週40時間勤務)
  • 母子家庭の母であるCさん(週25時間パート)
90万円(Bさん分)+ 60万円(Cさん分)= 150万円(助成対象期間1年)

6 高年齢者雇用安定助成金(高年齢者労働移動支援コース)

定年を控えた高年齢者等で、その知識経験を活かすことができる他の企業での雇用を希望する者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者の紹介により、雇い入れるローワークまたは新卒応援ハローワークへの求人(既卒者トライアル雇用求人)の提出をし、その紹介により採用すること。

対象者であるDさんとEさんを採用した。

  • Dさん 62歳を採用、70歳まで雇用の見込み
  • Eさん 61歳(週25時間パートを採用)、70歳まで雇用の見込み
Dさん分(70万円) + Eさん分(40万円) = 110万円 

7 障害者トライアル雇用奨励金

ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、就職が困難な障害者を一定期間雇用することにより、その適性や業務遂行可能性を見極め、求職者及び求人者の相互理解を促進すること等を通じて、障害者の雇入れをした場合。

対象者であるFさんとGさんを採用した。

  • Fさん 重度身体障害者
  • Gさん 精神障害者
Fさん分(4万円) + Gさん分(4万円) =8万円(最長3か月間=24万円)


その他、いろいろな助成金があります。是非ご相談下さい。

ページのトップヘ

「給与計算・助成金申請・その他労務の問題」安心して私たちにお任せ下さい。

お電話でのお問合わせはこちら:0586-45-1903(受付時間:月〜金 9:00 〜 17:30)

社会保険労務士法人 大和総合労務事務所 愛知県中部建設業福祉協会

メールでのお問い合わせはこちらへ